勃起をとるか、お酒をとるか!?カマグラとアルコールの関係性

勃起をとるか、お酒をとるか!?カマグラとアルコールの関係性

お酒が好きな人は毎日でも飲みますよね。ED男性もお酒好きの人は多いでしょう。
お酒好きのED男性は、
アルコールが入った状態でカマグラを飲んでもいいのか?
という点が気になるポイントなのではないでしょうか?

そこで今回はカマグラとアルコールを一緒に飲んでもいいのかどうかを説明していきたいと思います。

カマグラとお酒は一緒に飲んでもいい!?

カマグラとお酒は一緒に飲んでもいい!?

結論から言うとカマグラを服用する時は、アルコールは飲まないのがベスト。あるいは極力最小限に抑えるのが賢い選択です。

カマグラとお酒には互いに血管拡張作用があります。

カマグラを飲んだ後、あるいは飲む前にアルコールを摂取すると、血管拡張作用が増強され、普段よりもお酒の回りが早くなるのです。

通常ではなんでもないアルコール量も、カマグラとあわせると酔っぱらいすぎてしまう可能性があります。

勃起をとるか!?お酒をとるか!?

勃起をとるか!?お酒をとるか!?

お酒が入りすぎると勃起にも影響を与えます。

EDでなくても、酔っぱらうとスムーズに勃起ができなくなるとういう男性も多くいますね。

なぜならアルコールを摂りすぎると、性的興奮によって脳が勃起の指令を出しても、伝達神経がアルコールで麻痺状態となってしまうために、ペニスに勃起指令が伝わりにくくなってしまうのです。

ということは、お酒の影響によってはカマグラの効果を下げてしまう結果となります。

また酔いが回ったために、セックスどころではなくなってしまう可能性や、薬の副作用を強めてしまう場合も。

カマグラの副作用はコチラ

カマグラの勃起効果を100%実感したい人、セックスを思いっきり楽しみたい人は、アルコールを飲まない、極力控える事をオススメします。

とはいえお酒にはリラックス効果も

お酒は完全に悪いのか、と言われると実は必ずしもそうではありません。

お酒にはリラックス効果があり、適度な飲酒は心因性ED(ストレスや緊張など精神的な事が原因のED)に有効的です。

セックスする時はリラックスした状態で臨みたい、そのためにお酒の力を少し借りたい、という人は、しつこいようですが量には気をつけて飲みましょう。

飲酒後にカマグラを飲む場合~お酒が抜けるまでの時間の目安~

お酒が抜けるまでの時間

お酒を飲んだ後にカマグラを飲む場合、どれくらい経てば問題なく服用できるのか、アルコールが抜ける時間の目安を見てみましょう。

(体重55~65kgの成人男性の場合)

お酒の種類 分解時間
ビール 350ml(1缶) 2~3時間
ビール 500ml(ロング缶) 約3時間
日本酒 180ml(1合) 約3時間
ワイン 120ml(グラス1杯) 1.5~2時間
焼酎 180ml(1合) 約7時間

こちらからも細かく計算ができます。

夜の7時にロング缶1本分のビールを飲んだとすれば、3時間後の10時にはほとんど抜けている計算になります。

カマグラ服用から効果が現れるまでの時間が30分、効き目のピークが1時間後にくるので、夜10時に飲めば11時には効果の頂点に。

お酒も飲みたい、でもカマグラも今晩使いたい!という男性は、セックスのタイミングからアルコール分解時間を逆算して、両方を摂取するとよいでしょう。