併用禁忌薬あり!この薬を飲んでいる人はカマグラNG!

併用禁忌薬あり!この薬を飲んでいる人はカマグラNG!

カマグラには併用禁忌薬が存在しています。併用禁忌薬とは飲み合わせの悪い薬の事。

同時に摂取すると、
・持病に対する薬の効果が下がり治療の妨げになる
・薬の作用が増強されて身体に大きな負担がかかる

このように身体への影響が大きく、最悪は命を危険に晒す可能性すらあります。

カマグラは通販で、しかも医師の処方なしで購入できるため、薬に対する知識は自分で持っておかなければいけません。
現在薬を投薬中、持病がある、病気にかかった事がある人は安易にカマグラを購入しないようにしましょう。

カマグラの併用禁忌薬や、服用が出来ない人、服用注意の人をまとめてみました。

カマグラと一緒に飲んじゃダメ!併用禁忌薬

カマグラと一緒に飲んじゃダメ!併用禁忌薬

カマグラの有効成分はシルデナフィルです。
シルデナフィルの併用禁忌薬は以下の薬があります。

硝酸剤及びNO供与剤
ニトログリセリン
亜硝酸アミル
硝酸イソソルビド
ニコランジル等
アミオダロン塩酸塩
(アンカロン錠)(経口剤)
sGC刺激剤
リオシグアト
(アデムパス)

硝酸剤は狭心症など心臓疾患の治療に使われる薬です。内服薬だけでなく、張り薬や吸収薬、塗り薬、スプレーがあります。
硝酸剤には降圧作用があるため、カマグラと併用すると作用が増強され、急激な血圧低下によって命の危険に繋がります。

アミオダロン(アンカロン錠)は抗不整脈剤。併用すると心臓の拍動に異常が出る可能性があります。

sGC刺激剤はカマグラ同様血管拡張作用があります。併用すると双方の作用が増強されて、過度な血圧低下の恐れがあり、危険です。

併用禁忌薬以外にも!?当てはまる人は服用禁止です

・心血管系障害があり性行為を医師に止められている人
・重度の肝機能障害のある患者
・低血圧の患者、又は治療による管理がなされていない高血圧の患者
・脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴が6カ月以内である人
・網膜色素変性患者

上記に当てはまる人はカマグラの服用は禁止されています。

シルデナフィル(バイアグラ)による死亡例

カマグラによる死亡は現在報告がありません。しかし同じ有効成分であるバイアグラには過去に日本でも死亡事故が起きています。
バイアグラが発売した同年頃に、狭心症を患い、ニトログリセリン(併用禁忌薬)を服用している男性高齢者が、個人輸入でバイアグラを購入し、性行為直後心停止に陥る死亡事故が数件発生。
改めて禁止事項などはしっかりと把握しておかなければならないと思わせます。

ダメ!とまではいかないが、カマグラが医師と応相談の人

カマグラと一緒に飲んじゃダメ!併用禁忌薬

カマグラが禁止まではいかないけれども、自己判断で使用せず、医師と相談の上で服用したほうが良い人もいます。
以下の薬を服用中、あるいは疾患がある人は注意しましょう。

カマグラの服用注意薬

チトクロームP450 3A4阻害薬
リトナビル、サキナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、
イトラコナゾール等
チトクロームP450 3A4誘導薬
ボセンタン、リファンピシン等
降圧剤
α遮断剤
カルペリチド

カマグラの服用に注意が必要な人

・高齢者
・女性
・陰茎に血管がある
・鎌状赤血球性貧血
・多発性骨髄腫
・白血病
・出血性疾患、消化性潰瘍
・肝障害(脂肪肝)

上記の項目に該当しなくても、健康に自信のない人や体調が最近良くないなと思う人も、自分の判断だけでカマグラを使用せず、やはり医師に相談した方が安心です。
カマグラは通販で簡単に手に入るので便利ですが、薬における注意点もあると認識しておきましょう。